fc2ブログ

ドラマ新着動画たぶらかし~代行女優業・マキ~


ランキングクリックに
ご協力お願いします
たぶらかし ~代行女優業・マキ~ 第2話

『顔のない女社長

冬堂マキ(谷村美月)はウェブの業務を扱う「バンブーネットコミュニケーションズ」の社長、竹内奈々(三浦理恵子)から自分を演じて欲しいと依頼される。 マキは社長としてテレビのインタビューを受け、反響は上々だった。奈々の年齢は43歳。若いマキに社長を演じさせ、話題を作る事が奈々の狙いだった。これ まで社員にも姿を見せなかった奈々。マキは社内でも社長を演じる事になり、奈々は秘書としてマキをサポートしていく。マキは社員を集め、大手アパレルブラ ンド「ノワリー」のオンラインストアの立ち上げを狙っていると発表する。そして、奈々は自分の代わりにデートに行く事もマキに依頼する。相手は奈々のブロ グにコメントしてきた30がらみの平野(内田朝陽)というシェフ。2人はメールでやりとりする仲になり・・・。

ドラマを見る動画を見る


[たぶらかし ~代行女優業・マキ~ 第2話 動画]の続きを読む

スポンサーサイト



たぶらかし ~代行女優業・マキ~ 第1話

『死体の代役

所属劇団が突然解散し、多額の借金を背負った冬堂マキ(谷村美月)は女優オーディションの記事を読み、ORコーポレーションを訪ねる。社長の松平トキタダ (段田安則)はマキの演技の才能を瞬時に見抜き、すぐに女優として働いてもらう事に。そしてマキが演じる舞台はリアルな世界だと言う。ORコーポレーショ ンの仕事とは、リアル世界に女優を派遣し、依頼された役を演じきる“代行女優業”だった。今回マキが演じるのは、練炭自殺した新進気鋭の女流画家、白鳥ゆ りえ(内田慈)の代役=葬儀の死体役を演じる事だった。 現在、ゆりえの遺体は司法解剖中。遺族は表向き、病死とした為、葬儀の死体が必要だった。葬儀 中、ゆりえの幼馴染みと名乗る男性が突然現れ、ゆりえは継母の白鳥桜子(宮崎美子)に殺されたと騒ぎ出し・・・。

ドラマを見る動画を見る


[たぶらかし~代行女優業・マキ~ 第1話 動画]の続きを読む

ドラマ検索
Yahoo!ブックマークに登録アクセスランキングブログパーツ
放送中ドラマ
放送終了ドラマ
ランキング一覧
リンク
QRコード
QR
RSS
livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
Bloglinesに追加 Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOキーワード調査
フリーエリア

PING送信プラス by SEO対策

プロペシア